勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

ムームードメインで取得したドメインをシン・クラウド for Freeに割り当てHTTPS接続する方法

  サーバー

ムームードメインで取得したドメインをシン・クラウド for Freeに割り当てたい。また、SSH証明書を導入しhttps接続したい。以下に対応方法をメモ。

 

対応方法

サーバのIPアドレスの確認

シン・クラウドのサーバパネルにログインし「サーバ→サーバ情報」に進み、IPアドレスをメモしておく。

ムームーDNSのセットアップ

ムームードメインのダッシュボードにログインし「ドメイン操作→ムームーDNS」に進み、設定したいドメインの変更ボタンをクリックする。

以下内容で設定する。

  • サブドメイン → 設定したいサブドメインを入力。メインのドメインの場合は空にする
  • 種別 → Aを選択
  • 内容 → シン・クラウドのIPアドレスを入力

シン・クラウド側の設定

「ドメイン→ドメイン設定→ドメインを追加」に進み、ドメイン名を入力し無料独自SSLにチェックを入れて追加ボタンをクリックする。

DNSが切り替わっていたらこの時点でSSL証明書が導入される筈。DNSが切り替わっていない場合は少し時間をおいてから「ドメイン→SSL設定」に進みSSL設定状況を「OFF→ON」に変更する。

尚、DNSが切り替わっていない状態で上記「OFF→ON」を変更しようとすると以下の3つの選択肢が表示される筈。

  1. シン・クラウド側のネームサーバを利用する
  2. ファイルをアップロードする
  3. ムームードメイン側のTXTレコードを用いてDNS認証する

その場合はどれも選ばずにDNSが切り替わるまで待ってから、改めて上記「OFF→ON」を変更する(切り替わっていたら上記3択は表示されず、そのまま手続きが進む)。

 

その他

NS相違

シン・クラウドのドメイン設定もしくはSSL設定ページで「NS相違」と表示されるが、これはムームードメインのネームサーバを使用しているため表示されており、特に問題は無い。

シン・クラウドのネームサーバを利用したい場合

公式ページの通り以下をネームサーバを指定する。

  • ネームサーバー1 → ns1.cloudfree.ne.jp
  • ネームサーバー2 → ns2.cloudfree.ne.jp
  • ネームサーバー3 → ns3.cloudfree.ne.jp

個人的にはムームードメイン側で可能な限り制御したいのでこの方法はとらなかった。

ドメイン・サブドメイン数

シン・クラウド for Freeの場合、独自ドメイン・サブドメインの上限は以下の通り。

  • 独自ドメイン → 10個
  • サブドメイン → 50個

開発環境として使うなら十分だと思われる。

 - サーバー

  関連記事

レンタルサーバのQuicca Plus(クイッカプラス)を使用した感想

利用しているVPSのWebARENA Indigoから価格改定の案内メールが届い ...

OpenLiteSpeedにてhtaccessファイルでリライト、リダイレクトする方法

OpenLiteSpeedでリライト、リダイレクト設定を行いたい。調べたところ管 ...

サーバー監視レポートメールを受信する(Logwatch)

サーバーの各種ログを整形してメールで送ってくれるLogwatchというものがある ...

サーバー管理ツールPlesk12の各種設定方法

サーバー管理ツールPlesk12を初めて使用する機会があった。諸々設定する必要が ...

PHP5.4系でAPCが上手く動かなかったので5.5にアップデート&Zend OPcache導入

PHP5.3系から5.4系にアップデートしてから、WordPressがちょっと重 ...