勉強したことのメモ

webプログラマが勉強したことのメモ。

glibcライブラリの脆弱性とアップデート方法

   

レンタルしているサーバのアナウンスで「glibcライブラリの脆弱性」云々というのがあった。

どういうライブラリなのかはよく分からないけど、放置しておくとDos攻撃とかされるかもしれないとの事なので対応した。

対応方法はCentOSで以下の通り。

最後のinstalledでバージョンが表示されるので、CentOS6であれば「glibc-2.12-1.149.el6_6.5以上」になっているとOKみたい。

 - サーバー

  関連記事

VPSに無料SSLのLet's Encryptを導入

SSLといえば有料という認識だったが、無料のものも出てきているという話を聞いた。 ...

FTP接続する際のユーザーとグループ設定

共用のレンタルサーバーを使用する時には気にならないが、VPSや専用サーバーを使う ...

gzip圧縮とキャッシュをhttpd.confで設定する

今まで共用サーバーで使っていたWordPressをVPSに移した。 せっかくなの ...

composerでライブラリのインストールとインストール時のエラー

composerでライブラリをインストールする際に「The following ...

WordPressのメール送信フォームに画像認証を設置する

■やりたかった事 ココで作成したメール送信フォームに画像認証を設置する ■方法 ...

CentOSでサーバ時間のずれを調整する

他サーバとのやり取りをするにあたり、サーバごとに微妙に時間が異なっているというこ ...

サーバーが落ちた時にメール送信してくれるUptime Robotが便利

自サイトが落ちた時にメールを送信してくれるUptime Robotが超便利だった ...

CentOS6で公開鍵認証設定

本番稼動しているVPSサーバーでSSHの接続ログをかなり久しぶりに見ると、不正ロ ...

WordPressのxmlrpc.phpへの攻撃

サーバーの死活監視をしているシステムから、1つのサイトが落ちているとアラートがき ...

ルートとディレクトリ

イマイチ分かっていなかったのでメモ。 ■ルートディレクトリ ツリー型ディレクトリ ...