勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

Lightbox.jsでCSP(コンテンツセキュリティポリシー)エラーが発生した際の対応方法

   2024/02/20  JavaScript サーバー

CSP(コンテンツセキュリティポリシー)設定を行っているサーバーでLightboxを使用すると「data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAP///wAAACH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAICRAEAOw==」がどうのこうのというエラーが発生した。以下に対応方法をメモ。

 

data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAP///wAAACH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAICRAEAOw==とは

調べてみると1x1pxのblank.gif画像らしい。これをdataURI化して使用している為、今回はCSP設定にひっかかった模様。

 

対応方法

CSP設定を変更すればいいが、今回はサーバー設定変更は出来ない事情があった。なのでペイントツール等で1x1pxのblank.gifファイルを作成してファイルにアップロード。そしてlightbox.jsの以下部分を書き換える。

#書き換え前
<img class="lb-image" src="data:image/gif;base64,R0lGODlhAQABAIAAAP///wAAACH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAICRAEAOw==" />

#書き換え後(画像のパスは適宜変更)
<img class="lb-image" src="blank.gif" />

 - JavaScript サーバー

  関連記事

Lightboxで画像拡大時に閉じるボタンの位置を右上に変更

Lightbox(バージョン2.7.1)で画像拡大時に閉じるボタンの位置を右下か ...

Lightboxで文字をクリックしたら画像を表示させる方法

Lightboxを使用する際、一般的に使われているのはサムネイル画像をクリックす ...

VideoBoxでyoutubeの埋め込みをポップアップ表示させる方法

youtubeの埋め込みリンクをLightboxみたいにポップアップ表示させる方 ...