勉強したことのメモ

webプログラマが勉強したことのメモ。

Content Security Policyの設定

   

Content Security Policyの設定をする事があった。Content Security Policyが何なのか全然知らないので調べた結果をメモ。

 

Content Security Policyとは

特定の攻撃を検知し、影響を軽減するものとの事。設定しておけば攻撃をマシにできるものっぽい。

 

設定方法

head内に以下を追記。

<meta http-equiv="Content-Security Policy" content ="script-src 'self';">

全てのコンテンツをサイト自身のドメインから取得させるという設定内容。

詳細は以下を確認する。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/Security/CSP

 - HTML

  関連記事

オブジェクトタグ/エンベットタグ

<object> <embed> 見たこと、聞いたことが ...

HTML、javascriptソースの暗号化

サーバーサイドはソースを見られないけどクライアントサイドはソースを見られるので、 ...

WebStorageについて

HTML5で規定されている、Webブラウザ内部のKVS(キーバリュー型データスト ...

クロスドメインな状況でiframeがIEのみ挙動がおかしくなる場合

iframeで別のドメインのサイトを表示させた場合に、firefoxやchrom ...

ブロック要素とインライン要素

デザイナーさんやコーダーさんが、 「ブロック属性が云々」「インライン属性が~~」 ...

navタグ

デザイナーさんより受け取ったファイルにて navという見慣れないタグがあったので ...

画像の一部分のみリンクを設定する方法

画像を表示させて、その画像の一部分のみにリンクを張りたかった。画像を重ね合わせた ...

readonlyについて

日付ピッカーとかをテキストボックスに入れた際に、 ピッカー入力とあわせて直接入力 ...

formのテキストボックスやテキストエリアにサンプルの値を表示させる

テキストボックスでplaceholderという 見かけない記述があったのでメモ。 ...

htmlのarticle

コーダーさんから渡されたソースに<article>という 記述があり ...