勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

WordPressのユーザー画像とプロフィール

   

WordPressでユーザー毎に画像とプロフィール部分にHTMLタグを登録したかった。また、登録したものを特定のページに表示させたかった。以下に方法をメモ。

 

画像の登録はプラグインを使う

画像の登録は以下プラグインを使う。インストールして有効化するだけで、ユーザー編集ページに画像登録部分が表示される。

Simple Local Avatars

https://tzm.wordpress.org/plugins/simple-local-avatars/

 

画像の出力とプロフィールのHTML入力

以下をテーマフォルダのfunctions.phpに追記する。

画像の方はget_avatar関数で出力できるが、この関数を使うとwidthとか色々追記されてしまう。それでも良い場合はget_avatar関数を使えば良いが、まずい場合はget_user_avatar_img関数で画像のurlのみ取得する。

 

出力方法

上記のような形で出力できる。

 - WordPress

  関連記事

images
WordPressでユーザー毎にフラグを持たせる

WordPressでユーザー毎に何らかのフラグを持たせて、フラグによって分岐処理 ...

images
WordPressサイトのロードアベレージが高い

あるWordPressサイトのロードアベレージが先月ぐらいまでは通常0.5前後で ...

images
WordPressで任意のクエリをページ内で出力する方法

WordPressの固定ページ内でuidという任意のGETクエリを取得して、記事 ...

images
Polylangで言語毎の分岐処理

WordPressで多言語サイトを作成するにあたりPolylangというプラグイ ...

images
WordPressでメモリを節約しつつ高速化する設定方法

メモリ1GのVPSを借りてWordpress以外にも、ちょいちょいものを置いてい ...

images
WordPressのサーバー移行で気付いた点

あるWordPressを置いているサーバーのリソースが苦しくなってきたので、新た ...

images
WordPressの記事をfacebookに投稿

WordPressの記事をfacebookに投稿する際にOGP設定をする必要があ ...

images
Advanced Custom Fieldsで記事取得

WordPressでAdvanced Custom Fieldsにて設定した項目 ...

images
WordPressのcron設定で負荷対策

WordPressのcron設定(wp-cron.php)を変更することで負荷が ...

images
WordPressを停止しないままサーバ移設する方法

WordPressを設置しているサーバのリソースがそろそろ危ういので移設を検討す ...