勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

PHPでお問い合わせ等のform構築時にCSRF対策を行う方法

  PHP

他社が制作されたお問い合わせフォームを改修する案件があった。ソースコードを拝見しているとトークンを送信しており、なんだこれ? となったので調べてみるとクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)と呼ばれる攻撃の対策らしい。以下に実装方法等をメモ。

 

実装方法

フォームの入力ページに以下を追記する。

session_start();

//トークンを生成
$token = bin2hex(random_bytes(32));

//セッションにトークンを保存
$_SESSION['token'] = $token;

 

次にフォーム内容を受け取るページにて以下でトークンが正しいかチェックする。

session_start();

if( $_SESSION['token'] == $_POST['token'] ){
    //トークンが正しい場合の処理
}else{
    //NG時の処理
}

 

クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)とは

第三者のサーバにフィッシング用のWebページを作成し、そのページの送信ボタンを押すことで本来のお問い合わせ完了ページにデータを送信するような攻撃とのこと。そのため送信前と送信後にトークンをチェックすることで対策になると。

 

CORSはどうなる?

CSRFの攻撃内容を見た際にCORSがあるから問題ないのでは? と思ったがそうじゃないらしい。こちらのサイトによるとCORSはJavaScriptでPOST等のリクエストをした際、リクエストは通るがレスポンスは得られないっぽい。リクエストが通るということはデータは送信されちゃうのでCSRFは成立すると。ややこしい。

 

所感

CSRF対策の実装自体はそこまで手間じゃないので、今後フォームを実装する際は必ず実装すること。

 - PHP

  関連記事

PHPでテンプレートPDFに動的に文字や数値を追記し出力する方法(TCPDF&FPDI)

請求書や領収書のテンプレートがあり、そちらに対して動的に文字・数値を追記し出力さ ...

SendGridを使ってメールサーバを構築せずにPHPからメールを送信する方法

メールサーバを構築せずに独自ドメインのメールアドレスにてメール送信を行いたい。過 ...

PHPバージョンが古くjson_decodeが使えない際の対応方法(Services_JSON)

PHPのバージョンが古くてjson_decodeが使えないという状況があった。ま ...

メールサーバーを構築せずにGmailのSMPTを使ってPHPでメール送信

メールサーバーが立てられなかったり、無料サーバーのため使えなかったりといった場合 ...

php.iniを変更後にApacheを再起動しても反映されない場合の対応方法

先日AlmaLinux8系にChronyをインストールしてサーバの時刻同期を行っ ...