勉強したことのメモ

webプログラマが勉強したことのメモ。

WordPressを停止しないままサーバ移設する方法

   

WordPressを設置しているサーバのリソースがそろそろ危ういので移設を検討する必要があった。以下条件で移設の練習をしたのでメモ。

 
■条件
・運用中のサイトは停止させない
・既存、移設先サーバともにphpMyAdminは未設置
・出来るだけ早く対応したい

 

既存サーバはAサーバ、移設先はBサーバとし、ディレクトリは/hoge/wp/とする。以下が作業手順。

 


 

■ファイルをダウンロード
まとめてzip圧縮してダウンロードする。

AサーバにSSHで接続し、

zip wp.zip -r /hoge/wp

で圧縮。teratermのSCPでダウンロードする。

 

 
■ファイルをアップロード
Bサーバにアップロードする。

zipしたファイルをteratermのSCPかFTPでアップロードし、

unzip /hoge/wp.zip

で解凍する。また、必要に応じてユーザ及びグループを変更する。
chown -R testuser:testuser /hoge/wp

 

 
■MySQLのエクスポート
AサーバにSSHで接続して以下コマンドを記述。

mysqldump -u ユーザ名 -p ワードプレスのデータベース名 > /hoge/wp.sql

パスワードが聞かれるので入力するとhogeディレクトリにwp.sqlのエクスポートファイルが出力される。

 

 
■MySQLのデータベース作成・インポート
BサーバにSSHで接続し、MySQLにも接続する。で、以下コマンド。

CREATE DATABASE ワードプレスのデータベース名;

既に同一の名前が使われている場合は違うデータベース名でもOK。

BサーバにFTPでもなんでもいいので、先ほど作成したwp.sqlのエクスポートファイルをアップロードしておく。ここでは/hoge/wp.sqlに置いてあるものとする。

use ワードプレスのデータベース名;
source /hoge/wp.sql

でインポート完了。

 

■WordPress設定の変更や微調整
AサーバとBサーバでデータベース名やユーザ名などのアカウント情報が異なる場合はwp-config.phpを書き換える。

あと、この時点で「BサーバのIPアドレス/wp/」とかでブラウザに表示されるが、表示がおかしい場合はキャッシュ関連のプラグインの影響かも。「/wp-content/cache」というディレクトリがあるので中身を削除しておく。

 

 
■DNSの変更
AサーバにあてていたドメインをBサーバにあてなおす。切り替わるまで若干時間がかかる場合も。

 - WordPress

  関連記事

WordPressを外部サーバから投稿する方法

WordPressをダッシュボードからではなく、外部サーバのプログラムから投稿し ...

Advanced Custom FieldsでGoogleMapの使用

Advanced Custom FieldsでGoogleMapを使用したかった ...

WordPressで「データベース接続確立のエラー」

WordPressで設定ファイル(wp-config.php)は触っていないのに ...

ACFでセレクトメニューを動的に生成

WordPressでカスタムフィールド設定用のプラグインAdvanced Cus ...

WordPressのユーザー画像とプロフィール

WordPressでユーザー毎に画像とプロフィール部分にHTMLタグを登録したか ...

WordPress5のエディタを元に戻す方法

WordPress5にアップデートしたところ記事投稿ページのエディタが非常に使い ...

WordPressでテーマ内の共通の変数

WordPressでテーマ内の共通変数を設定し使用したかった。例えば記事一覧ペー ...

WordPressの管理画面で記事一覧にアイキャッチ画像を表示

WordPressの管理画面で記事一覧にアイキャッチ画像を表示させる方法のメモ。 ...

WordPressで記事検索時に投稿ID順にならない場合

WordPressでサイト上から記事検索を行った場合、通常であれば投稿IDが新し ...

WordPress Popular Postsのサムネイルが表示されない

WordPressの人気記事を表示させるWordPress Popular Po ...