勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

VPSの比較メモ(ConoHa / KAGOYA)

   

テスト用や個人的なサイトに用いるサーバーはDTIのServersMan@VPSを用いていた。値段だけで選んでいたが、たまたま他のVPSを見てみると使い方によってはさらに安く、使いやすくなりそうなところがあったので比較メモ。

 

料金とスペック

※料金はすべて税込み換算

DTI ConoHa KAGOYA
(KVM)
KAGOYA
(OpenVZ)
料金
(月額)
504円 680円 648円 864円
料金
(日額払い)
× × 24円 31円
料金
(時間払い)
× 1.0円 × ×
メモリ 1GB 512MB 1GB 1GB
CPU 1コア 1コア 1コア 3コア
ストレージ HDD50GB SSD20GB SSD20GB SSD80GB
HDD200GB

 

 

テスト環境として使う場合

結論としてテスト環境で使う場合はConoHaもしくはKAGOYA(OpenVZ)が良さそう。

まず料金面は日額払いと時間払いができるConoHaとKAGOYA(KVM / OpenVZ)が魅力的で、月に15日程度しか使わない場合はDTIよりも安くなりそう。注意点としてサーバを停止させただけだと課金は発生し、インスタンスを削除しないといけない模様。ConoHaは「停止時の料金はありますか?」ページを、KAGOYAは「料金表」ページを参照。

そうなるとテストの都度にLAMP環境を整えないといけない為、できればテンプレート的なもので簡単に導入できるサービスがほしいところ。その条件で探すとConoHaとKAGOYA(OpenVZ)がよさげ。ConoHaは「機能一覧」ページを、KAGOYA(OpenVZ)は「OSテンプレート」ページを参照。

 

本番環境として使う場合

結論として本番環境で使う場合はKAGOYA(KVM)が良さそう。

料金面だけで考えるとDTIになるけど、以前に「データが消えた」ということがあったり、2018/04/16に障害発生で7時~19時ごろまで使えたかったりと若干不信感を抱いている為、他の環境を試してみたいところ。

そうなると料金面で時点のKAGOYA(KVM)かなと。SSDになる分、ちょっとは表示速度とか速くなるかもしれない。あと、今回はPVが少ないサイトを運営すると想定しており、PVが多いサイトを運営するならGMOのVPSが良い。

 

KVMとOpenVZの比較

仕組みとかそういうのは置いておいて、使用するにあたりOSテンプレートとか用途を知るには「サービス・料金一覧表」が分かりやすい。

仕組みに関しては「VPSの仕組み」が勉強になった。

 

まとめ

テスト環境で使う場合はConoHaもしくはKAGOYA(OpenVZ)、本番環境で使う場合はKAGOYA(KVM)が良さそう。とりあえずは日額と時間課金を活かしてテスト環境でConoHaとKAGOYAのどちらも実際に試してみようと思う。

 - VPS

  関連記事

DTIからKAGOYAのVPS(KVM)に移った感想

DTIからKAGOYAのVPS(KVM)に引越し、一通りチェックを終えたので感想 ...

さくらVPSでLAMP環境とphpMyAdminとFTP接続環境を整える

さくらVPSでLAMP環境とphpMyAdminとFTP接続環境を整える ■環境 ...

DTIのServersMan@VPSでデータが全て消えた

2015/09/03の17時頃からDTIのServersMan@VPSで障害が発 ...

さくらvpsでPHPのエラーログ設定

PHPのエラーログを設定した際のメモ。 vi /etc/php.ini で設定フ ...

VPSとクラウドの違い

会社でAWSの話になって、そういえば クラウドとVPSって同じじゃないの? 違う ...

ServersManのVPSにRuby on Railsを導入する方法

Ruby on Railsを導入した際のメモ。Cens OSのバージョンは6.3 ...

VPSをもう1台導入した際のメモ

DTIのVPSを導入した。 目的としてはMySQLのレプリケーションとか、 複数 ...

GMOクラウドVPSをレンタルして気付いたことのメモ  

GMOクラウドVPSをレンタルして気付いたことのメモ。 レンタルしたのはマイクロ ...

KAGOYA(OpenVZ)の使用感

KAGOYAのVPSを試しに使ってみたので使用感をメモ。使用したプランはOpen ...

ファイル管理用ソフトAjaxplorerが便利

ファイル管理用ソフトAjaxplorerが便利だったのでメモ。具体的にはVPSに ...