勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

WordPressでユーザー毎にフラグを持たせる

   

WordPressでユーザー毎に何らかのフラグを持たせて、フラグによって分岐処理を行いたかった。権限グループという振り分けもあるけど、できれば独自のフラグで管理したかった。以下に方法をメモ。

 

ダッシュボード側に機能追加

テーマのfunctions.phpに以下を記述する。

flgの部分は適宜書き換え可能で、ここに書いた名前がWordPressデータベースにあるusermetaテーブルのmeta_keyに書き込まれる。

「フラグ(hoge/fuga/piyo)」はWordPressのダッシュボード側に表示される。適当に説明文を書くと良い。

 

出力方法

で取り出せる。尚、既存のmeta_keyと重複した場合にどうなるか分からないので気をつける。

以下の「ユーザーのプロフィール項目」のキーは避けておいた方が良さそう。

http://wpdocs.osdn.jp/%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9/get_user_meta

 - WordPress

  関連記事

WordPressでメモリを節約しつつ高速化する設定方法

メモリ1GのVPSを借りてWordpress以外にも、ちょいちょいものを置いてい ...

Polylangで言語毎の分岐処理

WordPressで多言語サイトを作成するにあたりPolylangというプラグイ ...

WordPressのcron設定で負荷対策

WordPressのcron設定(wp-cron.php)を変更することで負荷が ...

contact form7で送信数を測定

contact form7でフォーム送信が完了した時点で計測されるようにトラッキ ...

WordPress5のエディタを元に戻す方法

WordPress5にアップデートしたところ記事投稿ページのエディタが非常に使い ...

WordPressで自作テーマにウィジェット対応

WordPressで自作したテーマでウィジェットを登録しようとしたところダッシュ ...

WordPressでプラグインの作成方法

WordPressで簡単なニュースを表示させるというプラグインを作成したので、使 ...

WordPressで複数のカテゴリーを取得する

WordPressで1つの記事に対して複数カテゴリを設定していた場合、テーマによ ...

WordPressの記事をfacebookに投稿

WordPressの記事をfacebookに投稿する際にOGP設定をする必要があ ...

Advanced Custom FieldsでGoogleMapの使用

Advanced Custom FieldsでGoogleMapを使用したかった ...