勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

WordPressにインスタグラムの画像を表示

   

WordPressにインスタグラムへ投稿している画像を表示させたかった。プラグインの「Instagram Feed」ではHTMLタグ構成をカスタマイズできないっぽいので、プラグインは使わない方向で対応したい。以下に方法をメモ。

 

アクセストークンとユーザIDを取得

「Instagram Feed」で設定時にどちらも取得できる。念のため、普通の取り方もメモ。

以下のページに遷移してRegisterなんちゃらのところから登録を行う。

https://www.instagram.com/developer/

そうするとクライアントIDが発行される。また、登録した後にSecurityタブを開いて「Valid redirect URIs」の部分にリダイレクト先のURLが登録されているか確認。登録されていない場合は適当に自サイトのURLを登録する。

あまりよく分かってないけど「Disable implicit OAuth」のチェックは外しておくのが良いらしい。

クライアントIDとリダイレクトURLが用意できたら以下URLを書き換えてブラウザから開く。

https://www.instagram.com/oauth/authorize/?client_id=[クライアントID]&redirect_uri=[Valid redirect URIs]&response_type=token

そうすると認証っぽいページが開くのでOK的な選択肢を選ぶと、リダイレクトURLに遷移する。その際にURLのクエリとしてアクセストークンが発行される。

ユーザIDに関しては以下ページでユーザ名を入力すると表示される。

https://smashballoon.com/instagram-feed/find-instagram-user-id/

 

画像の表示方法

 

キャッシュ用ファイル部分に関してはAPIの使用制限(1時間あたり500回まで)対策になる。制限にひっかかったり、インスタグラム側で何かあって通信ができない場合はキャッシュファイルから読み込んで表示させる。

 - WordPress

  関連記事

WordPressを4.8.2にして不具合

WordPressを4.8.2にすると記事の新規追加時にウィジウィグの挙動がおか ...

WordPressのユーザー画像とプロフィール

WordPressでユーザー毎に画像とプロフィール部分にHTMLタグを登録したか ...

WordPressのcron設定で負荷対策

WordPressのcron設定(wp-cron.php)を変更することで負荷が ...

WordPressでユーザー毎にフラグを持たせる

WordPressでユーザー毎に何らかのフラグを持たせて、フラグによって分岐処理 ...

PHP5.1系にWordPressを入れる方法

無料レンタルサーバーにWordPressを突っ込むと、 「 サーバーの PHP ...

WordPressサイトのロードアベレージが高い

あるWordPressサイトのロードアベレージが先月ぐらいまでは通常0.5前後で ...

WordPressのWP-Mail-SMTPプラグインが動かない

PHPのバージョンを下げてからWordPressで外部メールサーバが使えるWP- ...

WordPressのカテゴリーベースに関して

WordPressのパーマリンク設定でカテゴリベースを設定したかった。ここは変更 ...

WordPressで自作テーマにウィジェット対応

WordPressで自作したテーマでウィジェットを登録しようとしたところダッシュ ...

WordPressでメモリを節約しつつ高速化する設定方法

メモリ1GのVPSを借りてWordpress以外にも、ちょいちょいものを置いてい ...