勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

VPSで必要最低限の初期設定と高速化&負荷対策まとめ

      2015/09/04

久しぶりにVPSで新しくサーバを構築する機会があった。過去記事を見て設定しようと思ったけど、記事を分散して書いてたのでまとめてメモ。メモリ2GB、CPUコア数2で1日10万PVは耐えられる筈。

phpMyAdminは導入せずAdminerで対応。あとサーバ側でのキャッシュ対策も。環境としていつもはCentOS6.x系だったけど今回はCentOS5.5だった。

 

 

■SSHに接続

IPアドレス、パスはあるはずなのでポートを22で接続。DTIの場合は3843が初期ポートなので注意。

 

■rootのパスワード変更

を入力すると新しいパスワードを2回聞かれるので入力する。

 

■接続用ユーザーの作成と設定

接続用ユーザーはユーザー名testuser、パスワードtestpassとする。まずはユーザーの作成。

次にパスワードの設定。

パスワードの入力が2回求められるので入力する。

 

■sudoコマンドの設定

を入力して「/wheel」で検索すると、

みたいな部分があるので#wheelの#を削除する。削除後は「:wq」で保存。

 

■SSHの設定

で設定ファイルを開き、「#Port 22」を検索。コメントアウトの#を外して、22の数字は適宜変更する。ここでは例として7777に変更する。

次にrootでのログインを拒否したいので「PermitRootLogin」を検索。Yesになっている部分をNoに書き換えて「:wq」で保存。

で再起動かけて完了。

 

■iptablesの設定

で設定ファイルを開いて以下を記述。

7777のところはSSHで設定したポートの番号を入れる。

以下で再起動。

 

 

 

■yumのアップデート(※2015/08/09追記)

yumをアップデートしておく。

 

 

■Apacheのインストールと設定

でApacheをインストールする。完了すれば、以下で自動起動設定。

次にApacheの設定をしたいので以下で設定ファイルを開く。

以下設定に編集していく。

また、サブドメインを設定したい場合は以下変更も必要。

以下でApacheを再起動させて完了。

尚、この時点でIPアドレスを参照するとApacheのテストページが表示される。なので、

の設定ファイルを開いて、

上記の部分を全て#でコメントアウトして保存する。確認したい場合は再度Apacheの再起動が必要。

 

 

■PHPのインストールと設定

先にepelとremiレポジトリを入れる。

PHPと必要そうなモジュールを入れる。

PHPの設定を変更する。以下で設定ファイルを開く。

以下変更を行う。

尚、もし大きいファイルのアップロードやダウンロードがしたい場合は以下変更も必要。

「memory_limit > post_max_size > upload_max_filesize」にならないといけないので注意。

あとキャッシュ対策としてopcacheを以下で導入。

opcacheの状況を視覚的に確認しやすいよう、ocp.phpを導入すると良い。

https://gist.github.com/ck-on/4959032

FTP関連の設定が終わった後、上記ページのソースを適当な名前をつけて保存して、適当なディレクトリにアップする。

 

■MySQLのインストールと設定

でMySQLをインストール。

自動起動設定と再起動。

で初期設定。rootのパスワードだけ入れて、後はYesの選択肢でOK。

でMySQLに接続して、

でMySQL用のユーザーを作成する。下がlocalhostで上がワイルドカード指定。testuserとtestpassは適宜書き換える。

でMySQL用の設定ファイルを開いて全部削除し、以下を記述。

以下でMySQLを再起動して完了。

 

■FTPサーバのインストールと設定

でFTPサーバをインストールして、

で設定ファイルを開く。

追記のlocal_rootはドキュメントルートを適宜書き換える。

以下で自動起動と再起動。

尚、所有権の問題でファイルをアップロードできない場合は、

で所有権を変更する。

 

■サーバ自体の再起動と確認

でサーバの再起動をかける。

確認項目としては、

  • FTPでファイルのアップロード、ダウンロードが出来るか?
  • rootでSSH接続不可になっているか?
  • SSH接続時に指定したポート以外ではログイン不可になっているか?
  • Adminer.php入れてPHPとMySQL動いているか?
  • ocp.phpでopcacheが動いているか?
  • Apacheのテストページが表示されていないか?

辺りを見ておく。

 - VPS

  関連記事

DTIからKAGOYAのVPS(KVM)に移った感想

DTIからKAGOYAのVPS(KVM)に引越し、一通りチェックを終えたので感想 ...

GMOのVPSでメモリ1GBのプランが出てた

GMOのVPSで今まで最小構成がメモリ2GBだったのが、新しく1GBのコースが出 ...

VPSで決めた時間に自動でreboot(再起動)させる方法

VPSを常時起動させてると、どうもapache(httpd)がメモリを離してくれ ...

GMOクラウドVPSをレンタルして気付いたことのメモ  

GMOクラウドVPSをレンタルして気付いたことのメモ。 レンタルしたのはマイクロ ...

KAGOYA(OpenVZ)の使用感

KAGOYAのVPSを試しに使ってみたので使用感をメモ。使用したプランはOpen ...

VPSとクラウドの違い

会社でAWSの話になって、そういえば クラウドとVPSって同じじゃないの? 違う ...

WordPressでメモリを節約しつつ高速化する設定方法

メモリ1GのVPSを借りてWordpress以外にも、ちょいちょいものを置いてい ...

VPSに無料SSLのLet's Encryptを導入

SSLといえば有料という認識だったが、無料のものも出てきているという話を聞いた。 ...

さくらVPSでLAMP環境とphpMyAdminとFTP接続環境を整える

さくらVPSでLAMP環境とphpMyAdminとFTP接続環境を整える ■環境 ...

VPSのCentOSにプロキシサーバーを立てる方法

借りているVPSにプロキシサーバーを立てたかった。環境と設置方法等を以下にメモ。 ...