勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

サーバファイルいじる際に「E325: ATTENTION」が出る場合の対処

   

httpd.confとかをSSH接続で触っている際に、例えばSSHクライアントソフトが落ちてしまった場合、再度同じファイルを接続しようとすると「E325:ATTENTION」みたいなエラーが表示される。

どうも復元ファイルを自動で取ってくれているようなので、必要ないのであれば、swpファイルを削除する。

E325:ATTENTION表示の中にswpファイルのパスが書かれているので、

で削除すれば同じエラー表示はされない。

 - サーバー

  関連記事

CentOSでサーバ時間のずれを調整する

他サーバとのやり取りをするにあたり、サーバごとに微妙に時間が異なっているというこ ...

サーバのメモリやロードアベレージが変に上がっていた

PVやリアルタイムのアクティブユーザーはあまり変わらないのに、以前よりメモリ使用 ...

サーバ内の各種設定ファイルの場所

サーバ内の各種設定ファイルを編集する際にいつもfindコマンドで検索したり、ググ ...

サーバのホストネーム(hostname)を確認する

「そのサーバのホストネーム調べて」と言われて 調べ方が分からなかったのでメモ。 ...

CentOS6でSFTP接続する

VSPでFTP接続からSFTP接続に移行したかった。以下に方法をメモ。 &nbs ...

WordPressのサーバー移行で気付いた点

あるWordPressを置いているサーバーのリソースが苦しくなってきたので、新た ...

サーバーが落ちた時にメール送信してくれるUptime Robotが便利

自サイトが落ちた時にメールを送信してくれるUptime Robotが超便利だった ...

サーバーのメモリー使用状況を調べる(free)

サーバーのメモリー使用状況を調べる際は teratermでログインして、 fre ...

VPSにメールサーバを導入する方法

VPSにメールサーバを導入したかった。具体的にはThunderbirdでメールの ...

VPSで決めた時間に自動でreboot(再起動)させる方法

VPSを常時起動させてると、どうもapache(httpd)がメモリを離してくれ ...