勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

yumでupdateが出来ずepelがどうのこうのエラーが出た

   

yumでupdate使用としたら「Error: Cannot retrieve metalink for repository: epel. Please verify its path and try again」みたいなエラー表示が出た。

同じ構成のサーバが複数台あって、その中の一つだけがこのエラーになった。epelのレポジトリが云々言っている感じなんだけど、果たしてどうしたらいいものか分からなかったので調べると、「/etc/yum.repos.d/repo」を修正すればよいとの事。

1~4行目辺りにある、

に変える。

 

■参考サイト

http://d.hatena.ne.jp/C_6B4A2B/20130427/1367073209

 - サーバー

  関連記事

サーバに置いてある大量のファイルをダウンロード・アップロードする場合

WordPressのデータなど、大量のファイルをダウンロード・アップロードする場 ...

Zend OPcacheの速さの秘密

不勉強であんまり理解できなかったけどこんな感じらしい。   Zend ...

お手軽に負荷分散(DNSラウンドロビン)を行う方法

サーバ設定か何かの記事を見ていて「DNSラウンドロビン」という聞いたことのない言 ...

cronの時間設定部分が全てアスタリスク

サイトを引き継ぐことがあり、そのサーバの設定資料を確認するとcronの設定で日時 ...

apacheのprefork設定とKeepAlive設定

WordPressを設置しているサーバーが、ここのところ連日でピークタイム時にダ ...

Plesk12にログインしようとするとエラー発生

Plesk12のログインページを開くと「ERROR: Zend_Db_State ...

MySQLが起動も再起動もできない

サイトで障害が発生した。FTPやSSH接続は出来るけどサイト自体は表示されない。 ...

PHP5.4系でAPCが上手く動かなかったので5.5にアップデート&Zend OPcache導入

PHP5.3系から5.4系にアップデートしてから、WordPressがちょっと重 ...

サーバのメモリやロードアベレージが変に上がっていた

PVやリアルタイムのアクティブユーザーはあまり変わらないのに、以前よりメモリ使用 ...

WordPressでメモリを節約しつつ高速化する設定方法

メモリ1GのVPSを借りてWordpress以外にも、ちょいちょいものを置いてい ...