勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

久しぶりにVPS(CentOS6系)でサーバー構築して詰まった点のメモ

   2024/02/22  VPS サーバー

DTIのVPSで久しぶりに初期化→再構築する機会があった。その際に詰まった部分のメモ。

 

環境

以下でCentOSのバージョンをチェック。昔は6.3だったけど6.9になっていた。

cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.9 (Final)

尚、サーバー構築に関しては以前書いた以下記事の通り進めていった。

https://taitan916.info/blog/archives/2251

 

epelとremiレポジトリが入らない

以下でepelとremiレポジトリを入れようとしてもエラーが出る。

rpm -ivh  http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm
rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

以下で対応する。

yum install epel-release
yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

 

FTP用のユーザーとグループ設定

ちょっと前に書いた、FTP接続用のユーザーとグループ設定をしてみたけど困った点が。

https://taitan916.info/blog/archives/2849

ドキュメントルート以下にフォルダを作成しようとしても出来なかった。ドキュメントルートはユーザー、グループ共にapacheにしており、パーミッションは755になっている。恐らくグループ部分の書き込み権限が無いのでディレクトリが作成できないっぽい。正しいのかは分からないけど以下で対応。

# /aaa/bbb/cccをドキュメントルートとする
chmod 775 /aaa/bbb/ccc

また、ファイルをアップロード後にブラウザで閲覧するとhtmlは表示されてphpは表示されなかった。どちらのファイルもユーザーはtest_userでグループはapacheになっていた。パーミッションはhtmlは644でphpは705になっていた。

以前の記事だと確かユーザーとグループ共にtest_userになっていた筈だけど……。phpのグループ部分が0になっており読み込みが出来ないので表示されないっぽい。

FFFTPだとオプション→転送3を見るとアップロード時のファイルごとのパーミッション設定が確認できる。PHPが705として設定されていた為、削除しておいた。

再アップロードすると644でアップロードでき、正常に表示された。

 

参考

https://qiita.com/bezeklik/items/9766003c19f9664602fe

 - VPS サーバー

  関連記事

KAGOYA(OpenVZ)のVPSの使用感について

KAGOYAのVPSを試しに使ってみたので使用感をメモ。使用したプランはOpen ...

VPSでWebARENAのIndigoが安い

サーバの勉強や開発環境の為にVPSをレンタルすることが多い。当ブログのように常時 ...

GMOのVPSでメモリ1GBのプランが出てた

GMOのVPSで今まで最小構成がメモリ2GBだったのが、新しく1GBのコースが出 ...

さくらvpsでサブドメインを割り当てた際のメモ

sshで繋いで下記設定ファイルの下のほうに追記。 /etc/httpd/conf ...

DTIからKAGOYAのVPS(KVM)に移った感想

DTIからKAGOYAのVPS(KVM)に引越し、一通りチェックを終えたので感想 ...