勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

PHPバージョンが古くjson_decodeが使えない際の対応方法(Services_JSON)

   2024/01/13  PHP

PHPのバージョンが古くてjson_decodeが使えないという状況があった。また、サーバの変更やPHPのバージョンアップは行えないという状況。何とかならないか調べたところPEARのServices_JSONというものを使えば解決できた。以下に対応方法のメモ。

 

Services_JSON

http://pear.php.net/package/Services_JSON/download

ダウンロードして解凍し、JSON.phpを適当なディレクトリにアップロードしておく。

 

ソース

if (!function_exists('json_encode')) {
    require_once 'JSON.php';
    function json_encode($value) {
        $s = new Services_JSON();
        return $s->encodeUnsafe($value);
    }

    function json_decode($json, $assoc = false) {
        $s = new Services_JSON($assoc ? SERVICES_JSON_LOOSE_TYPE : 0);
        return $s->decode($json);
    }
}

 

参考サイト

https://www.softel.co.jp/blogs/tech/archives/3663

 - PHP

  関連記事

wp_mail関数でエンベロープFrom(Return-Path)が指定できない場合の対応方法

WordPress内に設置されたお問い合わせのフォームようなシステムでエンベロー ...

WordPressにてPHPのAPCuを使用して高速化を図る方法

先日本サイトのサーバにAPCuを導入した。しかしながら所感にも書いたとおりAPC ...

PHPで配列内から重複を削除する

やりたかった事はそのまま、配列内から重複を削除したかった。 ■参考サイト htt ...

ブラウザ上でファイルのアップ・ダウンロードが可能なTiny File Managerの利用方法

ブラウザ上でファイルのアップ・ダウンロードが可能なファイルマネージャーを設置した ...

MySQLiでUPDATE文

MySQLiでUPDATE文 ■ソース $mysqli = new mysqli ...