勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

MySQLでカラム内容によって条件分岐させたい場合の対応方法

   2024/01/13  MySQL

MySQLでカラムの内容によって条件を分岐させたかった。またPHPで処理するのではなくMySQL文で完結させたかった。調べてみるとCASE文というのが使えそうだったので使い方と検証のメモ。

 

検証内容

楽天やamazonで買い物をし、その際にポイントが発生したとする。このポイントを性別や購入ジャンル、サイトによって以下の通り増加する。

  • 男性→ポイント1.1倍
  • 女性→ポイント1.2倍
  • amazonでdrinkを購入→1.2倍
  • amazonでfoodを購入→1.5倍
  • 楽天でdrinkを購入→1.3倍
  • 楽天でfoodを購入→1.6倍

最終的に性別毎の合計ポイントを算出したい。

 

テーブルの作成

以下テーブルを作成した。

+-------+--------------+------+-----+---------+----------------+
| Field | Type         | Null | Key | Default | Extra          |
+-------+--------------+------+-----+---------+----------------+
| id    | int(11)      | NO   | PRI | NULL    | auto_increment |
| point | int(11)      | NO   |     | 0       |                |
| sex   | tinyint(4)   | NO   |     | 0       |                |
| site  | varchar(128) | NO   |     | NULL    |                |
| genre | varchar(128) | NO   |     | NULL    |                |
| ymd   | datetime     | NO   |     | NULL    |                |
+-------+--------------+------+-----+---------+----------------+

ざっくりと以下が項目内容になる。

  • idは通し番号
  • pointは発生したポイント
  • sexは0が男性で1が女性
  • siteは購入サイト
  • genreは購入ジャンル
  • ymdは購入日

また、以下の通り適当にデータを作成する。作成後は以下の通り。

+----+-------+-----+---------+-------+---------------------+
| id | point | sex | site    | genre | ymd                 |
+----+-------+-----+---------+-------+---------------------+
|  1 |   100 |   0 | amazon  | food  | 2016-11-01 00:00:00 |
|  2 |   200 |   0 | amazon  | food  | 2016-11-01 00:00:00 |
|  3 |   300 |   0 | rakuten | food  | 2016-11-01 00:00:00 |
|  4 |   120 |   0 | amazon  | drink | 2016-11-01 00:00:00 |
|  5 |   220 |   0 | rakuten | drink | 2016-11-01 00:00:00 |
|  6 |   220 |   1 | rakuten | drink | 2016-11-01 00:00:00 |
|  7 |   120 |   1 | amazon  | drink | 2016-11-01 00:00:00 |
|  8 |   300 |   1 | rakuten | food  | 2016-11-01 00:00:00 |
|  9 |   200 |   1 | amazon  | food  | 2016-11-01 00:00:00 |
| 10 |   100 |   1 | amazon  | food  | 2016-11-01 00:00:00 |
+----+-------+-----+---------+-------+---------------------+

この時点での合計ポイントは以下の通り。

SELECT sex, SUM(point) AS point 
FROM point_table 
GROUP BY sex;

+-----+-------+
| sex | point |
+-----+-------+
|   0 |   940 |
|   1 |   940 |
+-----+-------+

 

CASE文を使ってみる

まずは男性→1.1倍、女性1.2倍を算出してみる。SQL文と結果は以下の通り。

SELECT sex, SUM(
    point * 
        (
            CASE sex 
                WHEN 0 THEN 1.1 
                WHEN 1 THEN 1.2
            END
        ) 
    ) AS point 
FROM point_table 
GROUP BY sex;

+-----+--------+
| sex | point  |
+-----+--------+
|   0 | 1034.0 |
|   1 | 1128.0 |
+-----+--------+

最初よく分からなかったけどCASE後のカラムが○○だった場合××に置き換えるみたいな形っぽい。上記だとsexカラムが0だった場合1.1に置き換えて、その前のpointと掛け算するという形。

さらにサイトと購入ジャンルで分岐させたい場合は入れ子にして使う。以下の通り。

SELECT sex, SUM(
    point * 
        (
            CASE sex 
                WHEN 0 THEN 1.1 
                WHEN 1 THEN 1.2
            END
        ) *
        (
            CASE site 
                WHEN 'amazon' THEN 
                    CASE genre 
                        WHEN 'drink' THEN 1.2 
                        WHEN 'food' THEN 1.5 
                    END 
                WHEN 'rakuten' THEN 
                    CASE genre 
                        WHEN 'drink' THEN 1.3 
                        WHEN 'food' THEN 1.6 
                    END 
            END
        )
    ) AS point 
FROM point_table 
GROUP BY sex;

CASEでsiteがamazonだった場合で尚且つgenreがdrinkだった場合は1.2倍、foodだった場合は1.5倍という形になる。

 

リファレンス

https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/case.html

 

その他

分かりづらいけど使い道は多そう。Where句とかは普通に追加して検索できる。

 - MySQL

  関連記事

MySQLでグループ化したものを条件で絞る(HAVING)

正規化したテーブルがあってその中には idとtagのカラムがある。 でtagの方 ...

テンポラリテーブルで高速化

5000万件ぐらいデータが入っているテーブルから 日本語検索しないといけないケー ...

MySQLのエラーログ取得関数

場合によってログに出力させたい値が異なる場合があったのでメモ。 function ...

phpmyadminからプロセスの停止

重たいSQL文を叩いた際、どうにも処理できず メモリ使用率が100%から下がらな ...

MySQL/Apacheの再起動

忘れないようにメモ。 ■MySQL service mysqld restart ...