勉強したことのメモ

Webエンジニア / プログラマが勉強したことのメモ。

var_export

   2014/05/17  PHP

PHPのソースでvar_exportという見慣れない関数があった。

AファイルからBファイルをincludeしており、
Bファイルの方ではCファイルの生成された時間を取得し、
現在時刻との差が1時間以内であればCファイルの中身を呼び出し、
1時間を過ぎていれば新しくデータを生成してCファイルに書き込む、
という処理を行っていた。

その中でCファイルに書き込む際にvar_exportを使用していた。

■サンプル
$hoge = array(0 => 'aaa', 1 => 'bbb', 2 => 'ccc');
$body .= "<?\n \$array = " . var_export($hoge,true) . ";\n?>";
file_put_contents('./test.php', $body);

これだとtest.php内では、

<?
$array = array (
0 => 'aaa',
1 => 'bbb',
2 => 'ccc',
);
?>

と入っていた。PHPの配列そのままの形で出力できるみたい。
引数のtrueを抜くとvar_dumpみたいに使える。

メンテの際に見やすいだろうからこっち使っていくのも良さそう。

 - PHP

  関連記事

PHPでExcelシートを出力する方法(PhpSpreadsheet)

PHPでエクセルシートを出力させたい。以前はPHPExcelを利用していたが現在 ...

phpQueryを利用したjQueryライクなスクレイピング方法

phpQueryというライブラリを使用することでjQueryのセレクタ指定のよう ...

PHPでルーティング用ライブラリ「AltoRouter」の利用方法

PHPフレームワークのCodeIgniterを勉強していた際にルーティング機能が ...

no image
PHPで定義した変数の一覧を表示させる

どこで何を定義したか分からなくなった際に 使ったのでメモ。 $array = g ...

PHP / MySQLで2038年問題の対策

先日打ち合わせの際に「タイムスタンプを使ってユニークキーに云々~~」といったよう ...