勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

WordPress5のエディタを元に戻す方法

      2019/01/28

WordPress5にアップデートしたところ記事投稿ページのエディタが非常に使いづらかった。元のエディタに戻す方法をメモ。

 

Classic Editorプラグインを使う

ダッシュボード上よりClassic Editorを検索→インストールして有効化。これで元のエディタを使用できる。

 - WordPress

  関連記事

WordPressで任意のクエリをページ内で出力する方法

WordPressの固定ページ内でuidという任意のGETクエリを取得して、記事 ...

さくらvpsにワードプレスを導入

さくらvpsで立ち上げたサーバーにWordPressを導入した際のメモ。 ①ダウ ...

WordPress記事本文の文字検索と置換方法

WordPressの記事本文内にhogeという文字列が含まれていた場合、hoge ...

PHP5.1系にWordPressを入れる方法

無料レンタルサーバーにWordPressを突っ込むと、 「 サーバーの PHP ...

gzip圧縮とキャッシュをhttpd.confで設定する

今まで共用サーバーで使っていたWordPressをVPSに移した。 せっかくなの ...

Polylangで言語毎の分岐処理

WordPressで多言語サイトを作成するにあたりPolylangというプラグイ ...

ACFでセレクトメニューを動的に生成

WordPressでカスタムフィールド設定用のプラグインAdvanced Cus ...

Polylangのスイッチャーでクエリを引き継ぐ

WordPressで多言語サイトを作成するにあたりPolylangというプラグイ ...

WordPressで動画(mp4)ファイルの再生

WordPressでyoutube等の動画サイトの埋め込みタグではなく、mp4フ ...

WordPressで複数のカテゴリーを取得する

WordPressで1つの記事に対して複数カテゴリを設定していた場合、テーマによ ...