勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

WordPress5のエディタを元に戻す方法

      2019/01/28

WordPress5にアップデートしたところ記事投稿ページのエディタが非常に使いづらかった。元のエディタに戻す方法をメモ。

 

Classic Editorプラグインを使う

ダッシュボード上よりClassic Editorを検索→インストールして有効化。これで元のエディタを使用できる。

 - WordPress

  関連記事

WordPressのWP-Mail-SMTPプラグインが動かない

PHPのバージョンを下げてからWordPressで外部メールサーバが使えるWP- ...

WordPressのxmlrpc.phpへの攻撃

サーバーの死活監視をしているシステムから、1つのサイトが落ちているとアラートがき ...

Polylangで言語毎の分岐処理

WordPressで多言語サイトを作成するにあたりPolylangというプラグイ ...

WordPressにお気に入り登録機能とお気に入り一覧ページを作成する方法

WordPressにお気に入り登録機能をつけたかった。 会員制のサイトじゃなかっ ...

WordPressのサーバー移行で気付いた点

あるWordPressを置いているサーバーのリソースが苦しくなってきたので、新た ...

WordPressでSNSボタンが表示されない

WordPressでWordPress WP Social Bookmarkin ...

WordPressで固定ページに記事一覧を表示させるプラグイン

WordPressで固定ページ編集時にショートコードを書くことで、記事一覧を表示 ...

WordPressで複数のカテゴリーを取得する

WordPressで1つの記事に対して複数カテゴリを設定していた場合、テーマによ ...

youtubeの検索結果をWordPressに自動投稿する方法

youtubeから特定のキーワードで検索した動画をWordPressに自動で投稿 ...

WordPressのfunctions.phpの初期設定

WordPressのテーマ作成時にfunctions.phpを書くが、いつも内容 ...