勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

PHPでソーシャル(SNS)ログインする方法

   

「facebook / twitter / Googleアカウントでログインするシステムが欲しい」と言われた。PHPで最初からプログラムを組むのは大変そうなのでライブラリが無いか探したところOpauthというのが簡単にいけた。

 

今回の対応内容

facebook / twitter / Googleアカウントでログインし、ユニークなID及び登録名を取得する。サイト種別情報とユニークIDがあれば、後はセッションなりCookieでログインシステムは作られるので、今回はその取得部分をメモ。

 

Opauthの設置

以下ページよりダウンロードする。

http://opauth.org/download.php

「Opauth bundled with examples」と書かれているファイルが最初からfacebook / twitter / Google対応なのでオススメ。ダウンロードしたzipファイルを解凍し、任意のディレクトリにアップロードする。

今回はドメインを「http://hoge.com/test/opauth/」でディレクトリを「/var/www/html/test/opauth/」と仮定する。

「/var/www/html/test/opauth/」のディレクトリに、解凍したファイルを全てアップロードする。

 

設定ファイルの編集

opauth.conf.phpが設定ファイルになる。path及びStrategyの部分を書き換える。Strategyの取得方法は後述する。

 

facebookの設定

以下ページからアカウント作成もしくはログインする。

https://developers.facebook.com

アカウント作成には電話番号もしくはクレカ登録が必要なので注意。適当な名前のアプリを作成し、アプリID及びapp secretを取得する。尚、「設定→ページ下部のウェブサイトURL」を設定しておくこと。今回の場合だと「http://hoge.com/test/opauth/」を設定する。

opauth.conf.phpのStrategyのfacebook部分にapp_idとapp_secretを入力する。

 

twitterの設定

以下ページからアカウント作成もしくはログインする。

https://apps.twitter.com/

こちらは電話番号登録が必要になる。尚、電話番号がうまくいかない場合がある。その場合は以下のようにページをリロードすると正常に登録された。

http://absg.hatenablog.com/entry/2015/01/26/163057

Website、Callback URL共に「http://hoge.com/test/opauth/」と設定した。

opauth.conf.phpのStrategyのtwitter部分にkeyとsecretを入力する。

尚、このまま動かそうとすると「The Twitter REST API v1 is no longer active~~」という「APIのバージョンを1.0から1.1にして下さい」みたいなエラーが表示される。

「/opauth/lib/Opauth/Strategy/Twitter/TwitterStrategy.php」の以下部分を変更する。

 

Googleの設定

以下よりアカウント作成もしくはログインする。

https://console.developers.google.com/apis/library

認証情報→認証情報を作成→OAuthクライアントID→ウェブアプリケーションで作成する。まだリダイレクトURLに関しては詳しくは分からないんだけど「oauth2callback」をつける必要があるみたい。

今回は「http://hoge.com/test/opauth/google/oauth2callback」と設定した。

 

テストしてみる

「http://hoge.com/test/opauth/」のURLを開くとfacebook / Google / Twitterのリンクが表示され、そのリンクから遷移すると各サイトのログインページが表示される。

また正常にログインが完了すると「http://hoge.com/test/opauth/callback.php」にリダイレクトされ、取得したパラメータが表示される。

 

リダイレクト後の動きを変更する

opauth.conf.phpを以下の通り編集する。

 

以下を記述したファイルをresult.phpとしてアップロードする。

ログインが成功するとユニークID及び名前が表示される。

 

その他

あとはセッションなりCookieでログインシステムが作成できる。また名前はあっても無くてもいいかと。

 - PHP

  関連記事

images
コマンドの実行履歴を確認する

SSH接続した際のコマンド実行履歴を確認したかった。 history で確認でき ...

images
PHPでフォームの禁止ワード制限

掲示板等で本文を送信する際に、禁止ワードが含まれていないかチェックするプログラム ...

images
画像登録用のfunction

<?php /****** 画像アップロード用function 画像送付側 ...

images
PHPでサイトマップを動的に生成する

WordPress等のCMSは使っておらず、自動更新するサイトがあり、そのサイト ...

url
DTIのVPSにCodeigniterを導入する方法

DTIのVPSにPHPフレームワークのCodeigniterをインストールした。 ...

images
さくらvpsでPHPのエラーログ設定

PHPのエラーログを設定した際のメモ。 vi /etc/php.ini で設定フ ...

images
PHPでCSVファイルを作って開くと「SYLKファイルが云々」のアラートが出た

データベースのログを整形してCSVファイルを生成し、ダウンロード及びエクセルで開 ...

msyql-image
MySQLでカンマ区切りの検索

カンマ区切りで入っているデータを検索する場合に ピンポイントな関数があったのでメ ...

images
PHPでtry~catch文

PHPでもあるってのを知らなかったのでメモ。 ■参考サイト http://www ...

images
curlでPOSTデータ送信

ここで使ったcurlだけど補足とか諸々。 ■curlでPOST 並列処理する際に ...