勉強したことのメモ

webプログラマが勉強したことのメモ。

PHPとStripeでクレジットカード決済処理

      2021/03/19

PHPとStripeの組み合わせでWebサービスにクレジットカード決済処理を導入したかった。以下に導入方法をメモ。

 

下準備

Stripeのアカウント作成

Stripe公式サイトでアカウントを作成しておく。テスト環境を用意するだけならメールアドレスのみの登録でOK。

https://stripe.com/

登録するとテスト用の「公開可能キー」「シークレットキー」が発行される。

ライブラリのインストール

サーバにSSH接続し適当なディレクトリに移動後、以下でライブラリをインストールする。

composer require stripe/stripe-php
php composer.phar require stripe/stripe-php

以下はGithubページにバージョンの説明等が掲載されている。尚、今回検証した環境はPHP5.6となる。

https://github.com/stripe/stripe-php

テスト用クレジットカード情報

以下ページでテスト用クレジットカード情報を確認できる。

https://stripe.com/docs/testing

カード番号は記載の通り、CVCは任意の3文字、カード有効期限は未来年月を入力する。

 

ソース

購入ページ(index.php)

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
</head>
<body>
	<form action="charge.php" method="POST">
	<script src="https://checkout.stripe.com/checkout.js" class="stripe-button"
		data-key="公開可能キー"
		data-amount="10"
		data-name="サイト名"
		data-locale="auto"
		data-allow-remember-me="false"
		data-label="購入する"
		data-currency="jpy">
		/*
		data-key:公開可能キー
		data-amount:ダイアログでユーザに表示される金額(JPY)
		data-name:会社またはウェブサイト名
		data-locale:言語設定
		data-allow-remember-me:決済情報を保存するかどうか。trueだとチェックボックスが表示
		data-label:ボタンに表示されるテキスト
		data-currency:金額の通貨
		*/
	</script>
	</form>
</body>
</html>

決済処理ページ(charge.php)

<?php
require_once('./vendor/autoload.php');
\Stripe\Stripe::setApiKey('APIのシークレットキー');

$chargeId = null;

try {
	// (1) オーソリ(与信枠の確保)
	$token = $_POST['stripeToken'];
	$charge = \Stripe\Charge::create(array(
		'amount' => 100,
		'currency' => 'jpy',
		'description' => 'test',
		'source' => $token,
		'capture' => false,
	));
	$chargeId = $charge['id'];

	// (2) 注文データベースの更新などStripeとは関係ない処理

	// (3) 売上の確定
	$charge->capture();

	// 購入完了画面にリダイレクト
	header("Location: complete.php");
	exit;

} catch(Exception $e) {
	if ($chargeId !== null) {
		// 例外が発生すればオーソリを取り消す
		\Stripe\Refund::create(array(
			'charge' => $chargeId,
		));
	}

	// エラー画面にリダイレクト
	header("Location: error.php");
	exit;
}
?>

決済完了ページとエラーページは適当にHTMLでメッセージを書けば良い。また購入ページに設置するJavaScriptのパラメータは以下ページで詳細を確認できる。

https://stripe.com/docs/legacy-checkout

 

その他

決済名

今回はテスト用クレカで検証した為確認のしようがないが、本番用クレカで決済した際に明細に表示される決済名がどうなるのか気になった。

調べてみるとカード会社によって異なり「オンライン決済」または「ST* 登録したサービス名」のどちらかで表示される模様。

即時決済しない場合

例えばだけど「入荷待ちの商品で購入手続き後、商品が入荷されてから発送」みたいなケースで即時に決済はしない方がいい場合は売り上げの確定はせずに、商品発送等を行ってからStripeのダッシュボードより確定処理を行う形になる。

 

所感

クレカ決済システムを導入したことがなく、実装にあたり「工数がかかりそう」「難しそう」等々の印象を持っていたがStripeだと非常に簡単に導入できた。

あとは月額(サブスクリプション)決済についても試しておきたいところ。

 

参考サイト

https://qiita.com/p_s_m_t/items/a69dfbc75804fe86ad9c

https://techracho.bpsinc.jp/baba/2018_05_28/56914

 - PHP

  関連記事

PHPで配列を値で検索、破棄

PHPの配列で特定の値が入っていれば それを破棄したいということがあった。 ・u ...

PHPでaタグにnofollowを付ける

タイトルそのまま、リンクがあった場合に nofollowつけてくれ、というもの。 ...

PHPでエラー時はメッセージを残す

セキュリティ対策か何かを施しており、 if (~~~~) { exit(); } ...

PHPを使えないサーバから使えるサーバーに値を渡す方法

PHPが使えないサーバーから使えるサーバーに値を渡したい場合があった。ajaxと ...

PHPで配列データをCSVとしてダウンロードさせる方法

PHPでログ的なデータをCSV化したかった。ただ、複数の人間が使うのでCSVファ ...

PHPでベーシック認証をかける方法

PHPでBasic認証をかけているソースを拝見する機会があり、衝撃だったのでメモ ...

no image
短縮URL作成(管理画面)

error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE); ...

CRUDのfunction化(管理画面)

<? /* よく使うような管理画面(CRUD?)をfunctionで分けて ...

composerでライブラリのインストールとインストール時のエラー

composerでライブラリをインストールする際に「The following ...

PHPのshort_open_tagのデメリット

PHPをHTML内に書くときは、書く速さと見易さ重視で、   < ...