勉強したことのメモ

webプログラマが勉強したことのメモ。

GoogleMapAPIのジオコードで存在するはずの住所が見つからない

      2015/04/22

GoogleMapAPIを利用したプログラムで確かに存在するはずの住所をジオコードを通して経度緯度を取得しようとしてもエラーが発生した。

エラー内容のステータスコードを確認するとZERO_RESULTSというものになっており、

 

ジオコードは成功しましたが、結果が返されなかったことを示します。遠隔地にある存在しない address または latlng がジオコードに渡されると、このような状態になることがあります。

 

という意味らしい。調べたところ、書き方によってエラーが発生する場合もあるっぽい。例えば「○○町1丁目23番456号」はエラーが発生し、「○○町1-23-456」は成功するというもの。

ジオコードは成功しているという事なので、こちらからはどうにも出来なさそう。

 - その他 ,

  関連記事

iPad等のMac製品のフレーム素材が便利なサイト

iPad用のサイトでプレゼン用の資料が作成する必要があった。出来ればiPadのフ ...

SSHのクライアントソフトはTeraTermよりRLoginのが便利

SSHのクライアントソフトはずっとTeraTermを使っていたけど、どうもRLo ...

CSVファイルをアップロードしてWordPressに記事を投稿

CSVファイルをアップロードすることでWordPressに記事を投稿したかった。 ...

Cookieの最大文字(byte)数

CookieにID等の文字数を大量に保存したかった。ただ、どの程度の文字(バイト ...

実体参照について

 はスペースとかあるけれどもこの書き方は何? 正規表現でもない ...

Facebookのタイムラインを公式のソーシャルプラグインで表示

以前にfacebookのタイムラインを取得する方法として、file_get_co ...

ボタン作成のジェネレーター

Bootstrapとか使ってると楽だけど、デフォのままだと ボタンのデザインがあ ...

スーパーリロード

ファイルを書き換えてもキャッシュの関係で、 表示が変わらないことがある。 今まで ...

画面遷移図を簡単に作れるサイト

画面遷移図を用意する必要があった。ただ、作ったこともないし作り方もわからない。で ...

httpsによるセキュリティ警告

httpsからhttpに遷移したり、 画像を張っているとIEでセキュリティ警告が ...