勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

MySQLで実行結果の行数取得

      2014/07/03

DBにデータがあるか調べる際にしばしば使用してたのでメモ。

$sql = "
SELECT *
FROM faq_m
$faq_title_sql ;
";
$row = mysql_query($sql);
$check = mysql_num_rows($row);

mysql_num_rows」にてSQLの実行結果の行数を取得。

エラーの場合はFALSEを返す。

if(isset($check))とかif($check <= 0)とかで使う。

 - MySQL

  関連記事

phpMyAdminより高速で軽量なAdminerが凄い

MySQLをGUIで管理できるphpMyAdmin。特に不満はないんだけど、もっ ...

文字コードのutf8_general_ciとutf8_unicode_ciの違い

MySQLで設定する時に使っているサーバーによってデフォルトの文字コードがutf ...

MySQLで経度緯度から半径○Kmのデータを抽出

経度と緯度をtext型として格納しているMySQLのテーブルがあり、指定した経度 ...

MySQLで歯抜けになっているint型の数値を取得する

MySQLで歯抜けになっているシーケンス番号を 取得したいケースがあった。 ■ソ ...

MySQLでWhere句を使ってカラム指定でデータコピー

MySQLで大量のデータを保存しているテーブルがあり、そのデータを絞った上で尚且 ...

MySQLのエラーメール送付

MySQLエラーを取得してエラーメール送付。 <? error_repor ...

SQLで同じ値を複数のレコードに対してUPDATE

やりたかった事は、複数のレコードに対して 同じ値に更新したいというもの。 $sq ...

mysqldumpが使えないレンタルサーバでMySQLのバックアップ

mysqldumpが使えないレンタルサーバで開発を行うことがあり、尚且つ他社に使 ...

MySQLのエラーログ取得関数

場合によってログに出力させたい値が異なる場合があったのでメモ。 function ...

WordPressでデータベース接続確立エラー

WordPressで「データベース接続確立エラー」というエラー表示がされた。大抵 ...