勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

CSVファイルをアップロードしてWordPressに記事を投稿

      2019/01/28

CSVファイルをアップロードすることでWordPressに記事を投稿したかった。Really Simple CSV Importerというプラグインを使用することで簡単に対応できる。以下に対応方法をメモ。

 

環境

  • WordPressバージョン 5.0.3
  • PHPバージョン 5.5.38

 

プラグインのインストール

WordPressダッシュボード上から「Really Simple CSV Importer」を検索してインストール。もしくは公式ページからダウンロードしてインストールする。

 

アップロードするページ

左側メニューのツール内にあるインポートをクリック。インポートページ内にあるCSV項目の「インポーターの実行」をクリックするとCSVファイルをアップロードするページに遷移する。

尚、アップロードするページへの遷移が分かりづらいので、テーマフォルダ内にあるfunctions.phpに以下を追記し、メニューを追加した。

 

CSVファイルをアップロード

アップロードページの「サンプルCSVファイルをダウンロード」という部分にサンプル用CSVファイルのリンクがあるので、そちらを参考にCSVファイルを作成する。

必要になりそうな項目は以下の通り。

 

post_author 投稿者ID
post_title タイトル
post_content 本文
post_date 公開日時
YYYY/MM/DD HH:II:SS形式
post_status ステータス
draft(下書き) / publish(公開) / 公開かつpost_dateが未来の場合は予約投稿
post_type post(記事) / page(固定ページ)
post_category カテゴリ

スラッグをカンマ区切り

post_tags タグ

スラッグをカンマ区切り

 

 

注意点

アップロードするファイルの文字コードはUTF-8にする。エクセルでファイルを作成するとshift-jsになり、そのままアップロードすると「WP_Postオブジェクトがセットされていません」というエラーが表示され、アップロードできなかった。

エクセル2016の最新だとUTF-8でCSVファイルを保存できるらしいが、それ以外の場合はLibreOfficeのCalcを使うか、テキストエディタ等で開いてUFT-8に変換すると良い。

 - その他

  関連記事

firebugでCSSパスをコピー

要素を調査⇒右クリック⇒CSSパスをコピーできる。 jQueryでのセレクタ指定 ...

ファイルやクラス名等の命名規則

命名規則はちゃんとしといたほうが良いよと 先輩に教わったのでメモ。 ・クラス名は ...

外部ファイル変更時の注意

Aというページでa.jsという外部ファイルを使っており、 修正依頼が来たのでa. ...

FlashからクロスドメインでPHPにデータを渡す

A→Bサーバーにデータを渡していたプログラムがあり、 同様のものをC→Dサーバー ...

incファイルとかtplファイルとか

初めて見るサーバーのファイルを見ていると incファイルとかtplファイルとか見 ...

Dropboxでファイル復元

いざという時の為のメモ。 Dropboxで該当のファイルまで進んで右クリック、 ...

ウィジウィグとは

ちょいちょい「ウィジウィグ」という単語を聞くけど、 実際にどういうものなのかよく ...

opauthのTwitterでログインできない

opauthを使ったソーシャルログインのシステムにてTwitterでログインでき ...

はてなブログからwordpressへの移行方法

WordPressをちゃんと試してみたかったので 移行したかった。けどどうもはて ...

画面遷移図を簡単に作れるサイト

画面遷移図を用意する必要があった。ただ、作ったこともないし作り方もわからない。で ...