勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

GoogleMapAPIのジオコードで存在するはずの住所が見つからない

      2015/04/22

GoogleMapAPIを利用したプログラムで確かに存在するはずの住所をジオコードを通して経度緯度を取得しようとしてもエラーが発生した。

エラー内容のステータスコードを確認するとZERO_RESULTSというものになっており、

 

ジオコードは成功しましたが、結果が返されなかったことを示します。遠隔地にある存在しない address または latlng がジオコードに渡されると、このような状態になることがあります。

 

という意味らしい。調べたところ、書き方によってエラーが発生する場合もあるっぽい。例えば「○○町1丁目23番456号」はエラーが発生し、「○○町1-23-456」は成功するというもの。

ジオコードは成功しているという事なので、こちらからはどうにも出来なさそう。

 - その他 ,

  関連記事

Do Not Track

上司の言っていたことでDo Not Trackって何? となったのでメモ。 ■参 ...

外部ファイル変更時の注意

Aというページでa.jsという外部ファイルを使っており、 修正依頼が来たのでa. ...

Dropboxでファイル復元

いざという時の為のメモ。 Dropboxで該当のファイルまで進んで右クリック、 ...

ER図とエンティティとは

新しい案件で色々書類が添付されており、その中にER図とエンティティという記載があ ...

リンクのクリック数を測定(イベントトラッキング)

特定のリンクのクリック数を測定したかった。調べるとGoogleアナリティクスのイ ...

.htaccess等のドットで始まるファイルをFFFTPで表示

FFFTPにサーバーを新規登録する度、 ググってしまっているのでメモ。 設定変更 ...

SSHのクライアントソフトはTeraTermよりRLoginのが便利

SSHのクライアントソフトはずっとTeraTermを使っていたけど、どうもRLo ...

Googleアナリティクスのデータ保持設定

Googleアナリティクスにデータ保持設定というのが導入され、デフォルトのままだ ...

キャッシュとプリフェッチ

プリフェッチがよく分からなかったのでメモ。 ■キャッシュ 1度使ったデータを記憶 ...

ランディングページのジェネレーター

↓↓で作られる http://singlepage.guru/   ↓ ...