勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

VPSにMovableTypeをインストール

      2019/01/29

VPSにMovableTypeをインストールしたかった。バージョン7系はインストールできたもののページが作成されず原因が特定できなかった為、6系のインストール方法を以下にメモ。

 

MovableTypeのダウンロード

旧バージョンをダウンロードする場合は以下ページを開き、「Branch: master」→「Tags」を選択し、ダウンロードしたいバージョンを選ぶ。今回は6.3.8を選択した。

https://github.com/movabletype/movabletype/

 

Apacheの設定

SSH接続して以下を行う。

 

データベースの作成

今回はデータベース名をmtと想定する。adminer.php等でブラウザからMySQLを操作するか、SSH接続してデータベースを作成しておく。

 

MovableTypeのインストール

今回はインストールするディレクトリを「/var/www/html/mt」、ファイルが生成されるディレクトリを「/var/www/html」と想定する。ダウンロードしたMovableTypeのファイルを/var/www/htmlにFTP等でアップロードする。その後SSH接続し、

/var/www/html/mv内の拡張子.cgiのパーミッションを755に変更する。

 

CGIが動かない場合

この時点で「ドメイン/mt/mt-check.cgi」をブラウザから開くとCGIが動くはずだけど、Conohaでは動いてKAGOYAだと動かなかった。その場合は「/var/www/html/mt/」ディレクトリに以下を記述した.htaccessファイルをアップロードする。

 

MovableTypeの初期設定

ブラウザから「ドメイン/mt/」にアクセスし、画面の案内に沿って必要情報を入力していく。ウェブサイトパスに関してはパーミッション(755もしくは777)と所有ユーザに注意する。以上でインストール及び初期設定が完了した。

 

MovableTypeとは

今更だけどMovableTypeとは何なのかよく分かってないのでその辺もメモ。MovableType(ムーバブルタイプ)はWordPressみたいなCMSになる。perlで作成されている、一部を除いて有償、ページを作成したときに静的ページが作成されるあたりがWordPressとの大きな違いっぽい。有償なのでサポートがあるというのは大きい。あとはWordPressに比べるとサーバの負荷やページ表示速度とかもあまり考えなくて良さそう。

 - MovableType

  関連記事

関連記事はありませんでした