勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

PHPでソーシャル(SNS)ログインする方法2018

      2018/06/12

久しぶりにソーシャル(SNS)ログインを実装する機会があった。以前に対応方法を書いておいたのでそのままいけるかと思ったが、所々躓いたので2018年版として新たにメモ。尚、使用するSNSはFacebook / Twitter /  Googleとする。

 

opauthをダウンロード

以下よりダウンロードする。

https://github.com/opauth/opauth

001

ディレクトリとURLは以下と想定する。

/ドキュメントルート/user/login

http://test.com/user/login

 

ファイルの設置

example内のファイルとlibディレクトリをloginディレクトリに設置する。

 

/lib/Opauth/Strategyディレクトリ内に利用したいSNSのディレクトリを作成する。

 

各ディレクトリには以下ページからzipファイルをダウンロードしたものを解凍してアップする。

http://www.opauth.org/

 

ファイルの編集と設定

loginディレクトリのopauth.conf.phpを編集する。

  • security_saltは適当な英数字
  • Strategyは利用したいSNSのAppKey等
  • pathは今回だと'path' => '/user/login/',

loginディレクトリのindex.phpを編集する。

 

loginディレクトリのcallback.phpを編集する。

 

Noticeエラーが出たが原因が分からないので/lib/Opauth/Opauth.phpの124行目をコメントアウト。

 

Twitter設定

https://apps.twitter.com/

上記ページからログインし、「Create New App」をクリックし次の画面で各項目を入力する。

003

WebsiteとCallback URLsは今回だと「http://test.com/user/login」を入れておけばよい。

004

作成成功するとページ遷移するのでConsumer Key(API Key)の右にある「manage keys and access tokens」リンクをクリックするとAPI KeyとAPI Secretが取得できる。

005

 

006

これをopauth.conf.phpに追記する。

 

またtwitterのSettingタブ内にある下部の「Enable Callback Locking (It is recommended to enable callback locking to ensure apps cannot overwrite the callback url)」のチェックを外して「Update Settings」で上書きしておく。

loginディレクトリのindex.phpを編集する。

クリックするとTwitterのソーシャルログインができるようになっているはず。

 

Google設定

https://console.developers.google.com/apis/library

上記ページよりログインし、プロジェクトを新規作成する。

007

プロジェクト名を入れ、組織名部分はそのままで作成をクリックする。

008

ダッシュボードの選択をクリックし、先ほど作成したプロジェクトを選択する。

009

認証情報→OAuth同意画面に進み、各項目を入力する。サービス名だけで他は省略可能。

010

認証情報タブで認証情報を作成ボタンをクリック、OAuth クライアント IDを選択する。

011

アプリケーションの種類は「ウェブアプリケーション」、名前は適宜入力、承認済みのリダイレクトURIは今回の場合だと「http://test.com/user/login/google/oauth2callback」で入力し、作成する。

012

完了するとクライアントIDとクライアントシークレットが発行されるのでopauth.conf.phpに追記する。

013

 

loginディレクトリのindex.phpを編集する。

クリックするとGoogleのソーシャルログインができるようになっているはず。

 

Facebook設定

https://developers.facebook.com

上記ページよりログインし、マイアプリ→新しいアプリを追加に進む。

014

表示名を入力してアプリを作成する。

015

ダッシュボードからFacebookログインで設定をクリックする。

018

Facebookログイン→設定に進み、有効なOAuthリダイレクトURIを入れる。今回の場合だと「http://test.com/user/login/facebook/int_callback」になる。他はそのままで保存する。

019

設定→ベーシックに進みアプリドメイン、プライバシーポリシーのURL、利用規約のURL、カテゴリを選択して保存する。

017

ページ上部のステータスをオンに変更する。

020

設定→ベーシックに進みアプリIDとapp secretをopauth.conf.phpに追記する。

 

loginディレクトリのindex.phpを編集する。

クリックするとfacebookのソーシャルログインができるようになっているはず。

 - PHP

  関連記事

MySQLのREGEXPで半角記号を検索したい場合

MySQLのREGEXPで半角記号を検索したい場合 \\を付けてエスケープしない ...

PHPでis_fileとfile_existsについて

ファイルの存在チェックを行う際に、file_exists関数を 使用していたが、 ...

ガラケーorスマフォ判別

ガラケーとスマフォの判別。 やりたい事はガラケーorスマフォで条件分岐させたい。 ...

mysqldumpが使えないレンタルサーバでMySQLのバックアップ

mysqldumpが使えないレンタルサーバで開発を行うことがあり、尚且つ他社に使 ...

PHPでプロキシ経由で他サーバーに接続

PHPでfile_get_contentsやcurlで他サーバに接続する際に自サ ...

PHPでURLを解析してクエリを抽出する方法

formからGETでURLの文字列を送信したものを、受信した側でクエリ部分のみ抽 ...

PHPでみたいに省略して書く際の設定

さくらvpsで<?=$hoge;?>とか省略して書こうとしても書けな ...

PHPで多次元連想配列のキーを指定してソート

やりたかった事は、 ・多次元配列があってcodeというキーでソートしたい という ...

さくらvpsでPHPのエラーログ設定

PHPのエラーログを設定した際のメモ。 vi /etc/php.ini で設定フ ...

PHPのshort_open_tagのデメリット

PHPをHTML内に書くときは、書く速さと見易さ重視で、   [cra ...