勉強したことのメモ

webプログラマ見習いが勉強したことのメモ。

ConoHaの使用感

   

ConoHaのVPSを試しに使ってみたので使用感をメモ。使用したプランはメモリ512MBのプランになる。

 

登録から利用開始まで

個人情報とクレジットカード登録の他にSMS or 電話認証が必要になる。若干面倒だが、以上が終われば即時使用開始できる。

インスタンスの作成は直感的に行うことができ、数分でサーバが立ち上がる。

 

SSHとSFTP接続

SSHはパスワード認証と鍵認証が選べた。どちらも管理画面上から設定できる。尚、ポートは22番でユーザはrootになる。

FTP接続に関してはインスタンス作成毎にFTPサーバを入れるのは面倒なのでFileZilla等を用いてSFTP接続するのがオススメ。

 

料金はインスタンス毎

インスタンスを削除しない限り料金が発生する。

同一インスタンス内でLAMP環境→WordPress環境→Ruby on Rails環境に作り変えるのはOK。

またKAGOYAとは違い時間課金なので、スペックを変えたい(インスタンスを違うものにしたい)という場合に、気軽に行える。

 

LAMP環境とRuby on Rails環境

KAGOYAとは違う部分でSSH接続した際に以下のように表示されて分かりやすい。

 

管理画面について

シンプルで直感的に使いやすいが、KAGOYAよりも管理画面のレスポンスが遅く感じた。また、料金の反映が翌日になるのは少し気になる。

 

イメージ保存が無料

ディスクイメージの保存が50GBまで無料らしい。以下記事を参照。

https://sirrow.info/archives/551

本番環境だとバックアップとして、テスト環境だとインスタンス作成時に便利。KAGOYAは日額が発生するのでこの点はメリットになる。

 

OSやアプリケーションのテンプレートが豊富

OSだとCentOSの6.6~7.4までとか詳細に選ぶことができる。アプリケーションも豊富で勉強中のRuby on Railsが簡単に入れられるのは非常に助かる。詳細は以下を参照。

https://www.conoha.jp/function/template/

 

デメリット

管理画面のレスポンスが遅い点が少し気になる。また、テスト環境として使うなら問題ないが、本番環境として使う場合にメモリ512MBだと多少心もとなく、かといって1~2GBプランを選ぶのであればKAGOYAかGMOが選択肢に上がってしまう。

 

まとめ

テンプレートが豊富な点と、時間課金という点を活かしてテスト環境として使うのが一番良さそう。

 - VPS

  関連記事

images
さくらvpsでサブドメインを割り当てた際のメモ

sshで繋いで下記設定ファイルの下のほうに追記。 /etc/httpd/conf ...

other
ファイル管理用ソフトAjaxplorerが便利

ファイル管理用ソフトAjaxplorerが便利だったのでメモ。具体的にはVPSに ...

vps-hosting
VPSのCentOSにプロキシサーバーを立てる方法

借りているVPSにプロキシサーバーを立てたかった。環境と設置方法等を以下にメモ。 ...

vps-hosting
DTIのServersMan@VPSでデータが全て消えた

2015/09/03の17時頃からDTIのServersMan@VPSで障害が発 ...

images
VPSとクラウドの違い

会社でAWSの話になって、そういえば クラウドとVPSって同じじゃないの? 違う ...

vps-hosting
さくらのVPSでメモリ512MB及びSSD20GBのプラン

たまたま見かけたんだけどさくらのVPSでメモリ512MB及びSSD20GBのコー ...

images
VPSをもう1台導入した際のメモ

DTIのVPSを導入した。 目的としてはMySQLのレプリケーションとか、 複数 ...

images
さくらvpsでPHPのエラーログ設定

PHPのエラーログを設定した際のメモ。 vi /etc/php.ini で設定フ ...

vps-hosting
KAGOYA(OpenVZ)の使用感

KAGOYAのVPSを試しに使ってみたので使用感をメモ。使用したプランはOpen ...

vps-hosting
GMOのVPSでメモリ1GBのプランが出てた

GMOのVPSで今まで最小構成がメモリ2GBだったのが、新しく1GBのコースが出 ...